風邪はジョギングをすると良くなるって本当?

風邪の時にジョギングをしても大丈夫?

風邪はジョギングをすることで良くなるという話を聞いたことがありますか?

風邪をひいたときには、なるべく安静にしている人が多いのではないでしょうか。

それなのに、ジョギングをするなんて大丈夫なのかと思ってしまいますよね。

この記事では、風邪の時のジョギングについて解説していきます。

ジョギングをすることで、体がどのような反応をするのか。

なぜジョギングなのか。

まずは、風邪にジョギングが効くのか、という話から始めます。

風邪にジョギングは効く?

実は、風邪の初期症状には、ジョギングが効果的だと言われています。

そもそも風邪とは、ウィルスに感染することで起こる症状です。

そして、風邪そのものを治す薬はないと言われています。

風邪薬とは、せきやのどの痛みなど、その症状をやわらげるものなのです。

そのため、薬ではなく、体本来が持つ免疫力が重要となります。

ウィルスが体に入ると、免疫力によって体温を上げ、ウィルスをやっつけます。

初期症状の段階で、ジョギングで体温を上げることが、この働きを助けることになるのです。

しかしこれはあくまでも初期症状の段階での話です。

高熱があるのに無理をしてジョギングをするのは絶対にやめてくださいね。

ジョギング以外に風邪に効果的な運動って?

ジョギングをすることで、体温を上げることが効果的だと説明しました。

では、なぜジョギングがいいのでしょうか。

それは、有酸素運動だからです。

有酸素運動は、酸素を取り込みながらエネルギーを生み出す運動なので、体温が上がります。

そのため、有酸素運動が風邪の初期症状に効果的だと言えます。

では、ジョギング以外にも風邪に効果的な運動があるのではないでしょうか。

以下で、初期症状の段階で効果的な運動についてみていきます。

ヨガ

風邪の初期症状があるときに効果的だと言われている運動に、ヨガがあります。

ヨガは、家の中でできることや、少ないスペースでできることからも取り組みやすいでしょう。

ヨガは、有酸素運動として体温を上げる効果も期待できます。

またそれ以外にも、ストレス解消の効果も期待できます。

風邪の時には、常にストレスがかかっている状態とも言われます。

そのストレスを解消することで、心にとっても体にとっても良い効果が期待できるのです。

ウォーキング

次にご紹介する運動は、ウォーキングです。

ウォーキングも、体温を上げる運動として効果的です。

ただし、あまり長い時間行うと、逆効果になることもあります。

そのため、時間としては、20分程度を目安にするといいでしょう。

ウォーキングは、呼吸を意識すると、呼吸器官を広げる効果も期待できます。

器官が広がると、呼吸が楽になります。

ただし、外の空気を吸い込むことでのどが乾燥することには注意が必要です。

マスクを着用するなどの対策もおすすめです。

特に寒い季節には、冷たい空気を吸い込んで風邪が悪化することには気をつけましょう。

筋トレ

次に、筋トレについて解説していきます。

筋トレは、内容に注意が必要です。

なぜかというと、筋トレは、内容によっては無酸素運動になります。

無酸素運動とは、短い時間で強い力を必要とする運動です。

そのような運動は、体力を消耗し、免疫力を下げることになります。

風邪の時には、体力を消耗するような運動は避けるべきです。

そのため、無酸素運動になるようなものを選んではいけません。

筋トレをする場合には、体が温まる程度の軽いものにしましょう。

ダンス

最後にご紹介するのは、ダンスです。

ダンスも、筋トレと同じように、内容による部分があります。

息が少し上がるくらいの、体が温まる程度のダンスがおすすめです。

ダンスは音楽に合わせて体を動かすことで、ストレスの解消にもなります。

ストレスは、風邪の原因になるとも言われています。

そのため、ストレスを解消することは、風邪を予防することにもつながると言えます。

ただし、ダンスも無酸素運動になるような激しいダンスは避けるべきです。

まとめ

風邪をひいた時には安静にすることが、これまで多くの人の選択肢だったのではないでしょうか。

しかし、ここでご紹介してきたように、ひき始めの段階でジョギングをすることは効果的なのです。

ジョギングのほかにも、軽めの運動をして体温を上げることが効果的だと言えます。

ただし、これは初期症状の段階に限ったことであることは改めてお伝えしておきます。

風邪を初期症状で食い止めるための選択肢の1つとして、軽い運動を入れておいてください。